語法

量詞のところで、ある程度は「固定搭配(セット)」として覚えてしまうしか無いということを言いましたが、「動詞+目的語(VO構造)」の場合も、それが言えます。

例えば、シャツを着る、靴をはくなどですが、我々日本人であれば、あた ...

語法

日本語で、一本の鉛筆、一枚の紙など、数量を表すとき、「本」や「枚」のような数量詞を使いますが、中国語にもあります。

中国語で、数量詞のことを、「量詞(liang4 ci2)」と呼び、例えば、猫(mao1)だったら、一只猫、 ...

語法

中国人と話すとき、しばしば、彼らの態度が、ぞんざいで、そっけない感じ(悪く言えば乱暴)がすることは、日本人であれば、誰しもあるかもしれません。

例えば日本人駐在員で、「中国人部下の態度が強すぎるのではないか?」あるいは「自 ...